2009年02月22日

DOSH / Wolves and Wishes

FOGのサポートとしても活躍しているMartin Doshのソロアルバム「Wolves and Wishies」より Capture The Flag 。

ドラム・キーボード・サンプラー・鉄琴など様々な楽器をリアルタイムでサンプリングしループさせ重ねていく手法で作られています。エレクトロニカ、ポストロックの香りただよう一枚。



Wolves and Wishes
Wolves and Wishes
posted with amazlet at 09.04.21
Dosh
Anticon (2008-05-13)
売り上げランキング: 97677


posted by JPK at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 2008年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

Another Electronic Musician / Five

Another Electronic Musician / Five / 米n5mdレーベル / 2008年

http://www.anotherelectronicmusician.com/
http://www.myspace.com/anotherelectronicmusician

エレクトロニカ、ノイズ、アンビエントなどなど色んな要素を含みつつもポップなサウンドに仕上がっています!


タグ:Electronica 2008
posted by JPK at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 2008年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

My Bloody Valentine / Only Shallow ( from Album [ Loveless])

My Bloody Valentine / Only Shallow (アルバム「Loveless」1991年より)

My Bloody Valentine - Only Shallow


シューゲイザーの祖!1991年当時もヒットした作品だけど、今のポストロックやエレクトロニカ、そしてそれらを経由したポストクラシカルやアコースティック作品への影響の大きさが凄い!

Loveless




posted by JPK at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

Of Montreal / Suffer for Fashion

1990年代の終わりから活動するアセンズインディーバンドの雄!オブ・モントリオール。2007年のアルバム Hissing Fauna, Are You the Destroyer? より、シングルカットもされたSuffer for Fashion。

インディーポップの極みです!おもちゃ箱ではなくおもちゃ屋をひっくり返したようなサウンドと形容される、カラフルさは絶品。エレファント6辺りとの絡みもあり。

posted by JPK at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Derrick May / Strings Of Life

デリック・メイ 1987年発表のシングル、アルバム「Innovator」収録。

現在のテクノにつながる始祖の一人、デトロイトテクノの創始者とも言われている。






タグ:1987 techno
posted by JPK at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

Fennesz / Endless Summer

Fennesz 2001年のアルバムEndless Summerより「Caecilia」



このアルバムはエレクトロニカ、ノイズ、グリッチというジャンルの叙情性を高めた作品としてしられています。それまでも叙情感あふれるノイズやグリッチはあったんですが、これはメロディー系アンビエントとの境界ギリギリまでいった感じ。定番。




タグ:2001 Fennesz
posted by JPK at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

The Orb / Blue Room

The Orb / Blue Room

アルバム「U.F.Orb」(1992年)より

Alex PatersonとJimmy Cautyにより88年に結成されたThe Orb のセカンドアルバム。イギリスアルバムチャートではなんと1位を獲得!!
アンビエントやチルアウトと呼ばれる音楽の旗手。このBlue Roomのシングル版は約40分w

posted by JPK at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

The Qemists / Stompbox

The Qemists / Stompbox

この曲自体は2007年発表のシングル。アルバムでは2009年発売の「Join The Q」に収録。



デジタル系音楽で進化してきたドラムンベースとバンドサウンドの融合。機械的なビートやグルーブが人の血肉になってきた♪



posted by JPK at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 2009年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

Ryoji Ikeda / Data.Microhelix

Ryoji Ikeda / Data.Microhelix

2005年「dataplex」より。Ryoji Ikedaの2001年〜05年までの作品から。90年代のコラージュから2000年代のミニマムへ。




posted by JPK at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

We Are the World

We Are the World

1985年アフリカの子供たちへのチャリティーソング。



リード・ボーカルの歌唱順(ロング・バージョン)(wikiより)

* 1A:ライオネル・リッチー、スティーヴィー・ワンダー、ポール・サイモン
* 1A':ケニー・ロジャース、ジェームス・イングラム、ティナ・ターナー、ビリー・ジョエル
* 1B:マイケル・ジャクソン、ダイアナ・ロス
* 2A:ディオンヌ・ワーウィック、ウイリー・ネルソン、アル・ジャロウ
* 2B:ブルース・スプリングスティーン、ケニー・ロギンス、スティーブ・ペリー、ダリル・ホール
* C:マイケル・ジャクソン、ヒューイ・ルイス、シンディ・ローパー、キム・カーンズ
* repeat1:ボブ・ディラン
* repeat2:レイ・チャールズ
* repeat3:スティーヴィー・ワンダー、ブルース・スプリングスティーン
* repeat4:ジェームス・イングラム、レイ・チャールズ


タグ:1980
posted by JPK at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sonic Youth / Silver Rocket

Sonic Youth / Silver Rocket

83年に「Confusion Is Sex」にてデビュー。オルタナ、ノイズバンドの雄であり、現在もポストロック的サウンドを付加しながら活躍中のソニックユース。

1988年に発売された、インディーズ時代最後のアルバム「Daydream Nation」よりSilver Rocket。






posted by JPK at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

Karma Chameleon / Culture Club

カルチャークラブ Culture Club / カーマは気まぐれ Karma Chameleon




カルチャークラブの2nd アルバム 「Colour By Numbers」1983年よりのシングル。当時ライバルであった人気バンド、デュラン・デュランと共にニュー・ロマンティックの代表格。1980年代中期の英米のヒット・チャートを席巻。特にこの「Karma Chameleon」は、全英・全米ともに No.1ヒットを記録。


ビジュアルと音楽が深く結びついた時代。
当時は日本でもMTV等のPV紹介番組がかなり放送されてました。ベストヒットUSAやMTV Japanなどなど。その中でも当時中学生だった私が楽しみだったのが夕方放送していた「POPベティハウス」そのオープニングを発見したので貼っておきます。

時代感出てます♪



posted by JPK at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

album:Incunabula / autechre



オウテカ autechre / album:Incunabula
1993年発表の1stアルバム

玉石入り混じったテクノサウンドが氾濫しつつあった90年代初頭に登場し、Aphex Twinと共にテクノ・エレクトロニカの主要レーベルWARPで活躍。その後の音楽シーンに多大な影響を与えている。エレクトロニカ、IDMの代表格。

メンバー:
Rob Brown(1971年生)
Sean Booth(1973年生)

Amozon
posted by JPK at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

君に胸キュン / YMO



YMO/君に胸キュン

テクノポップを代表するグループ「YMO (Yellow Magic Orchestra)」の7枚目のシングル。1983年リリース。アルバム「浮気なぼくら」。

分類的に言うと現在のテクノとは異なるらしく、世界的にはシンセポップというジャンル。ただし、現在のテクノアーティストの多くが影響を受けたアーティストとして挙げている。

日本では歌謡曲全盛時代、同時期に発売されこの曲の1位獲得を阻止した松田聖子の「天国のキッス」はメンバーの細野の作曲。

メンバー:
細野晴臣 (ヴォーカル、ベース)
高橋幸宏 (ヴォーカル、ドラムス)
坂本龍一 (ヴォーカル、キーボード)

タグ:1980 YMO
posted by JPK at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年代別の好きな音楽を

これまでランダムにアップしてた記事ですが、音楽部分を出来るだけ年代別にして、整理していこうと思っています。

邦・洋のロックやポップスも含みますが、エレクトロニカやテクノを多目に紹介していき、そういった音楽の流れを浮かび上がらせられればと考えています。
posted by JPK at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Smoke on the water / Deep Purple

スモーク・オン・ザ・ウォーター Smoke on the water/ Deep Purple




レコーディングを予定していたスイス、モントルーのカジノが直前のフランク・ザッパの公演中に火事になり炎上。その結果、ホテルの廊下で録音された『マシン・ヘッド』に収録。その火事の様子が描かれている。

その後1972年、日本でのライブを録音した「Live in Japan(Made in Japan)」にも収録され、シングルカット、アメリカでもブレイク。

メンバー

* リッチー・ブラックモア - ギター
* イアン・ギラン - ボーカル
* ロジャー・グローヴァー - ベース
* ジョン・ロード - キーボード
* イアン・ペイス - ドラムス




posted by JPK at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。