2005年05月18日

Strings

同じフレーズを各種ライブラリーで演奏しました。前半2声でラストにオープンボイシング。原則各ライブラリーのストリングスアンサンブルを使用しています。エフェクト設定は特別な記述が無ければデフォルト設定。

++++++
以下、ライブラリー使用の為、曲扱いとなります。

XV_GM-01.mp3 XV5080のGMプリセット。リバーブあり。
XVStrings-02.mp3 XV5080のパッチプリセット。リバーブあり。
ハード音源のストリングスもライブや伴奏としては十分使えるレベルになってきました。ただし、強弱や奏法による音色変化はフィルターなどを使用している事が多く、ソロだとシンセ感がでます。

AdvanceOrchestra.mp3 AKAIフォーマットの定番。エフェクトなし。
Virtuoso.mp3 AKAIの定番。エフェクトなし。
SonicRealityInteractiveStrings.mp3 AKAIの定番。エフェクトなし。
それぞれにサンプルの質感に特徴があります。各種奏法毎のプログラムも収録されてます。以前はサンプラーの複数積みで使用する事が多かったですが、ソフトサンプラーにコンバートすれば手軽に使うことができます。

Reason.mp3 Reason付属。リバーブあり。

SampleTank2.mp3 サンプルタンク2のプリセット。エフェクトなし。
SonikSynth2.mp3 ソニックシンセ2。上記ソニックリアリティのコンバートだと思います。リバーブあり。

GM500 Gigaフォーマット。GMライブラリーより。エフェクトなし。
GM500GigaPulse.mp3 上記にGigaPulseでリバーブを掛けたもの。
Garritan.mp3 Gigaの定番。エフェクトなし。
SonicImplants.mp3 Gigaの定番。エフェクトなし。
SonicImplantsGigaPulse.mp3 上記にリバーブ追加。
Gigaフォーマット各種です。このMP3ではわかり辛いですが、ロングトーン時の減衰の美しさや細かなニュアンス毎に用意されたサンプルが魅力的。

vienna.mp3 エフェクトなし。
ViennaGigaPulse.mp3 リバーブ追加。
ViennaChamber.mp3 エフェクトなし。
ViennaChamberGigaPulse.mp3 リバーブ追加。
Kontakt2Vienna.mp3 Kontakt2に付属。Viennaサンプル。エフェクトなし。
Viennaの特徴はドライサウンドとパフォーマンスプログラム。もとサンプルがドライなのでリバーブの乗りがとても良いです。また、パフォーマンスプログラムでは連続的な音程変化を持ったサンプルを組み合わせることでスライド等の表現も可能。ソロフレーズを演奏すると病みつきになります。

EWStrings.mp3 コンパクトエンジン使用のプラグイン。マイクポジション別サンプル。
EWStringsSOnly.mp3 上記よりオフマイク(残響)のみのプログラム。
EWColossusOrchSt.mp3 GMライブラリー収録。上記と同じサンプルを使用している模様。
こちらも、キースイッチなどを使用して各種奏法を切り替える事が可能。マイクポジション毎にプログラムがあり残響をコントロールすることが出来ます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。